ブライトリングのオーバーホール業者!おすすめの6社を比較!

ブライトリングのオーバーホール業者を多数掲載

細密なムーブメントで正確な時を刻むブライトリングも、数年ごとにオーバーホールを受けることが望ましくなっています。オーバーホールは正規店のほか、民間の時計店などでも申し込めますので、このサイトを活用して調べるのがおすすめです。

このサイトは、ブライトリングのオーバーホールに対応する業者を、ランキング形式で掲載しているため、評価の高い業者を中心に探せるようになっています。大切なブライトリングのメンテナンスを頼むなら、安心して申し込める所の方が良いですから、このランキングサイトが役立ちます。

ブライトリングのオーバーホールを数多く手掛けている業者や、傷んでいる部品があれば純正パーツで修理してくれるなど、高品質なサービスに定評がある業者も数々ランクインしています。さらに、低価格でも専任の時計技師がオーバーホールを行ってくれる業者を探せます。

総合評価
★★★★★

特長

ブライトリングの修理をリーズナブルなお値段でお願いしたいけれど、どのショップにお願いしたらよいかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。リーズナブルなお値段で修理してもらうことができるショップをランキングで掲載しているためチェックすることをお勧めします。

株式会社CIENでは、ブライトリングの修理をお願いすることができます。メーカー修理の約60パーセントオフでお願いすることができるため、リーズナブルなお値段でお願いすることができます。オーバーホールの期間も最短約3週間で行ってくれます。

また、1年間の品質保証があるため安心してお任せすることができるのではないでしょうか。梱包キットを無料で送ってもらうことができるため、見積もりをしたい時も手軽にお願いすることができます。

種類 メーカー
標準修理価格
CIEN標準修理価格 CIEN標準修理価格
(新品仕上げ含む)
クオーツ 75,000 16,000 23,000
クオーツ・クロノグラフ 85,000 28,000 35,000
手巻き 23,000 30,000
自動巻き 80,000 23,000 30,000
クロノグラフ 100,000 34,000 41,000

総合評価
★★★★

特長

愛用していたブライトリングを、オーバーホールしたり、修理してもらうことができるのが、ドクターウォッチの良いところです。特に、オーバーホールをすることで、時計の寿命を長くすることができ、修理を必要になっても費用を少なくできます。

また、オーバーホールの手順は、ホームページ上でも説明されています。料金表も見やすく、各ブランド別の修理実績も参照することが出来ます。

宅配にて修理を依頼する場合に使える、宅配キットが用意されているので、これを使用します。難しい手順は一切なく、手軽に宅配にて時計の修理を依頼することができます。

種類 メーカー
標準修理価格
ドクターウォッチ標準修理価格
クオーツ 75,000 35,000
クオーツ・クロノグラフ 85,000 45,000
オートマチック 80,000 39,000
クロノグラフ 100,000 48,000

総合評価
★★★★

特長

このサイトではブライトリングのオーバーホールの取り扱い店を多数掲載しており、ランキング方式で紹介しています。製造メーカーより安い費用でオーバーホールを行っている店舗が数々載っているため、予算を節約したい時に役立つサイトです。

ランクインしている人気店には「時計修理工房」もあります。製造メーカーでは受け付けてもらえなかった修理や、ほかの店舗では高く付くベルト修理などでも、良質な作業でありながら低価格で仕上げてくれます。オーバーホールの見積もりが無料という点も嬉しいポイントです。

宅配でも受け付けていますから、家に居ながらオーバーホールを依頼できます。また、無料の見積もり配送パックが用意されているなど、細やかなサービスも人気になっています。豊富な実績と確かな技術がありますから、安心してブライトリングのオーバーホールを申し込めます。

種類 メーカー
標準修理価格
時計修理工房標準修理価格
クオーツ 75,000 29,800
クオーツ・クロノグラフ 85,000 45,000
自動巻き 80,000 38,000
自動巻き・クロノグラフ 100,000 48,000

総合評価
★★★

特長

ブライトリングのオーバーホールを頼める店舗がランキングで案内されているため、このサイトでは、リーズナブルで高品質なオーバーホール業者を探せます。そして、このサイトで掲載されている店舗には、「ウォッチ・ホスピタル」もあります。

優れた技術力を持つ技師が、ブライトリングのオーバーホールを行ってくれますので、「ウォッチ・ホスピタル」なら安心してメンテナンスを頼めます。また、無料見積や全国無料集荷など、魅力的なサービスも充実しています。

「ウォッチ・ホスピタル」には実店舗も3軒あり、技術センターも有するなど、ネット専業ではないことも強みになっています。リーズナブルな料金設定のうえ、1年間の保証が付いているので安心です。

種類 メーカー
標準修理価格
ウォッチ・ホスピタル標準修理価格
クオーツ 75,000 20,000
クオーツ・クロノグラフ 85,000 30,000
自動巻き 80,000 20,000

総合評価
★★★

特長

WATCH COMPANYなら、ブライトリングのオーバーホールを安心してご依頼になることができます。クロノグラフモデルを多く展開しているブライトリングに対応するために、クロノグラフに特化したチームを組んで、専任の技術者がオーバーホールを担当しているため、不安なくお任せになることが可能です。

WATCH COMPANYでは、ブライトリングに特有の修理も、豊富な経験を生かした知識、それに技術でしっかり対応します。ブライトリング専任の技術者が、時計のどんな些細な不具合も見逃すことなく診断し、そのうえで改善策、それから交換部品の詳細などを見積書でご連絡するため、大切なブライトリングの修理も信頼してご依頼ください。

長くお使いになって止まった時計や、傷が付いてしまった時計なども、新品同様に復元させることができるのもWATCH COMPANYです。他の修理店で断られてしまった時計でも、時計修理の専門店であるWATCH COMPANYにお問い合わせになってみてはいかがでしょうか。

種類 メーカー
標準修理価格
WATCH COMPANY標準修理価格
クオーツ 75,000 20,000
クオーツ・クロノグラフ 85,000 25,000
自動巻き 80,000 20,000
クロノグラフ 100,000 30,000

総合評価
★★★

特長

このランキングサイトでは、ブライトリングのオーバーホールを頼める業者をランキングしています。どの業者も正規メーカーより低価格となっているため、ブライトリングのオーバーホールを安く行いたい時に便利です。

時計修理.comもこのサイトでランキングに入っている業者で、熟練の技師が丁寧に作業してくれることでも人気です。また、見積もりが無料で、安くて早いことでも評判です。そして、オーバーホールは宅配でも受け付けておりますので、全国から依頼できます。

無料の配送キットが用意されていますから、宅配の場合は事前に申し込むと良いでしょう。問い合わせは専用フォームを使うほか、電話でも年中無休で可能となっています。受け付け時間は平日が10時から20時、土日祝日は10時から18時です。

種類 メーカー
標準修理価格
時計修理.com標準修理価格
クオーツ 75,000 18,000
手巻き - 18,000
自動巻き 80,000 27,000
クロノグラフ 100,000 35,000

腕時計ブランド『ブライトリング』について

ブライトリングはスイスの高級腕時計のメーカーです。ブライトリングは創業1884年、レオン・ブライトリングが設立した時計工房【G. レオン・ブライトリング】から始まりました。
クロノグラフを主力としており、その結果、航空業界とつながりが強い時計メーカーです。

クロノグラフとは、ストップウォッチの機能を備えている時計の事を言います。今までクロノグラフは手動タイプの物しかなく、自動巻腕時計のクロノグラフの設計製造は不可能だとされてきたのですが、ブライトリングとタグ・ホイヤー、ハミルトン、デュボア・デプラの4社共同で腕時計用の自動巻クロノグラフ「クロノグラフキャリバー」を開発し1969年3月3日に発表されました。

ブライトリングと航空業界との繋がりを深めたのは、航空用の回転計参酌を備えた「ナビタイマー」です。このナビタイマーは腕時計一つで飛行に関する様々な計算ができ、時計なのにフライトコンピューターのような高い機能性があるのです。
腕時計のブランドにもさまざまな種類がありますが、その中でもブライトリングは高い精度を誇る製品を提供している会社です。ブライトリングはスイスの腕時計製造会社です。航空業界と強いつながりがあり、時計を航空用の計器としてとらえるという独自の理念に基づいて製品を提供しています。
時計は時刻を知るために使用するものなので、現在の時刻を正確に表示するようメンテナンスを行なう必要があります。特に、ブライトリングのように正確性が魅力となっているブランドの時計であれば、メンテナンスの方法にもそれなりの気を配りたいところです。時計が正しく時を刻むためには、定期的にオーバーホールを行なうことも大切です。外部に問題がなく、現在は正常に動作している場合でも、内部では潤滑油の汚れや乾きなどから部品が摩耗していることも考えられます。オーバーホールでは、一つひとつの部品を分解してそれぞれ洗浄や注油、必要に応じて修理や部品交換が行なわれます。そのため、時計の使用者が気づかない内部の劣化や損傷も早期に発見し、対策を講じることができます。
時計のオーバーホールをする場合には、併せて新品仕上げも行なうことをおすすめします。新品仕上げは、時計に磨きをかけて新品当時のような輝きを取り戻す作業です。ブライトリングの場合、外装に鏡面仕上げが施されている製品が数多く存在します。鏡面仕上げの外装は美しい印象が魅力ですが、長い年月の経過や度重なる使用によってキズやくすみが発生しやすいという問題もあります。こちらの問題を解決するために、新品仕上げは効果的な方法となります。

ブライトリングにオーバーホールが必要な理由や頻度・必要修理期間

オーバーホールの必要性

機械式腕時計にはオーバーホールが欠かせません。では、そのオーバーホールの必要性についてお話します。

ブライトリングのような精密な構造の時計には必ずメンテナンスが必要です。
基本的にオーバーホールの目的は時計の寿命を延ばすためのもので、時計の部品の間にある油の入れ替えを行います。機械式腕時計には部品と部品の間に油があり、その油は腕時計を動かすために必要なものなのです。その油が劣化してしまうことによって動きが悪くなり、部品の摩擦で壊れてしまったり、部品がさびてしまう原因になるのです。
そのため定期的に油を入れ替える必要があり、摩擦で傷んでしまった部品はオーバーホールを行わないと見つけにくいものなので、オーバーホールは時計を長く使う為にとっても必要なのです。

オーバーホールを行う頻度

では、どの程度の頻度でオーバーホールをすると良いのでしょうか?
目安として、機械式時計で3~5年に1度、クオーツ時計で4年に1度です。しかし、毎日時計を付けるわけではない人や複数の時計を持っており日によって使い分けている人の場合などで、時計の保存状態や使用環境は人それぞれ異なります。
その為、必ずしも目安の期間に応じたオーバーホールで改善出来るとは言い切れません。時計に違和感を感じたら、早めに相談するようにしましょう。

オーバーホールに必要な期間

オーバーホールを依頼した際に、完了までに必要となる期間は依頼先によって異なります。メーカー依頼時の参考期間は6週間程度です。対して依頼先となる時計修理専門店などでは2~4週間程度で対応可能です。(実際の作業工数は各店舗に確認した方が良いでしょう。)
参考値と比較すると、場合によっては半分以下の期間でオーバーホールが完了することが可能です

正規店でのブライトリングのオーバーホールの手順

ブライトリングの時計を正規店で購入したのであれば、定期的に正規店でオーバーホールをしてもらっておくことをおすすめします。
オーバーホールを行う頻度は3年から4年に1度がおすすめで、調子が悪くなってからようやく持っていくのではなく、時期がきたら早めに持っていくようにしておけばいつまでも良い状態をキープすることができます。
また知っておきたい知識として、時計を購入してから2年から3年はトラブルが発生する可能性が高く、何か問題があったときにはすぐに修理に出すことをおすすめします。ブライトリングの正規店におけるオーバーホールの手順は、分解する前に精度を測定するといった点検が実施されます。
次にブライトリング専用の工具を利用して裏蓋を開けます。

続いて外装を分解してパーツに摩耗が発生していないか丁寧に確認し、超音波洗浄機を用いて外装洗浄を行ったらよく乾燥させます。
ムーブメントを分解しながらパーツを一つずつチェックし、悪い状態のものがあれば新品のものに交換します。
専用の洗浄液でムーブメントを洗浄し、注油しながらムーブメントを組み立てていきます。使用される油の種類は1つではなく、パーツが使用されている場所によって異なったタイプの油を使用しています。
まさに正規店ならではのサービスだと言えます。テスターで測定しながらタイミングを調整して、外装が組み立てられます。
このときにパッキンは新しいものに取り換えられ、ネジには緩み防止剤が塗ってもらえます。
全てのムーブメントをセットしたら空気圧を利用した防水試験が行われます。

防水試験に加えてカレンダーがきちんと切り替わるかといった精度試験も実施され、オーバーホールを行ったテクニシャンによってメンテナンスカルテが記入してもらえます。
国際保証書には正規メンテナンスのスタンプも押してもらうことができます。
全てのプロセスが終了したら、特別なオーバーホールケースに入れて時計が返却してもらえます。
ブライトリング正規店でのオーバーホールの料金は、時計の種類によって異なります。例えば、クォーツタイプのノン・クロノグラフなら、オーバーホールの標準価格は75000円です。
メンバー特別価格であれば半額の37500円で請け負ってもらえるため、メンバーになっておくことをおすすめします。最も高いオーバーホールの標準価格は140000円で、見積もりが必要なタイプもあります。

時計修理専門店でのオーバーホール時の手順について

分解と洗浄、部品交換について

ブライトリングのような有名ブランドが提供する製品には、精巧な構造となっているものが多く見受けられます。そのため、オーバーホールの作業をするにあたっても汎用品ではなく専用の道具を使用することが大切です。
時計のオーバーホールでは、まず分解の作業を行なうことになります。
最初の工程で部品にキズなどをつけてしまってはいけないので、分解には慎重で正確な作業が求められます。こちらの作業では、ブライトリング専用の器具を使用してケースの裏蓋を開けてムーブメントを取り出し、歯車やゼンマイなどのパーツに分解します。
分解が終わったら、ムーブメントやケース、ブレスを洗浄する作業に移ります。洗浄する作業では、バスケットに収納した部品の汚れや金属粉を洗浄機で取り除きます。
ブライトリングの製品の場合、速度を調整するパーツや鏡面仕上げを施した外部パーツなどに汚れやキズがつきやすいので、しっかりと洗浄を行なうことが重要になります。
次に、ムーブメントの部品の中に摩耗や劣化をしているものがあれば、交換をすることとなります。ブライトリングの製品では、自動巻きの巻き上げに関連するパーツの部品交換がよく行なわれます。部品交換の際には、使用するパーツの選定方法もチェックポイントになります。
既存のパーツとの相性を考えると、メーカー純正品を使用するのが適切です。交換が不要なパーツを交換してしまうと、無駄なコストや時間、エネルギーが発生することとなりますので、オーバーホールを業者に依頼する場合、交換の必要性を精査するために求められる経験とスキルを有するところを選ぶことが大切です。

オーバーホールの仕上げと新品仕上げの手順などの紹介

ブライトリングの時計のオーバーホールでは、分解から洗浄、部品交換が終わった後、ムーブメントの注油と組み立ての作業を行ないます。
注油の際に使用する潤滑油は、パーツの用途ごとに使い分けるようにします。また、潤滑油の使用量は多ければ多いほど良いという訳ではなく、適量があります。
経験やスキルの豊富な技術者は、各部品の摩耗や劣化を最小限に抑えるべく、必要十分な量の潤滑油を使用して作業を行ないます。
組み立ての作業が終わると、精度の測定と必要に応じて調整をすることとなります。オーバーホールの作業が正確に行なわれていない場合、時を正しく刻むことができないので精度の調整が必要となります。こちらは繊細な作業となるので、知識と経験が求められます。
新品仕上げの作業では、ケースやブレスに磨きをかけます。ブライトリングの場合、外部パーツの形状や仕上げ方法が多岐にわたるので作業の難易度も高くなりますが、専門の技術者ならフォルムを崩さずにキズやくすみを取り除く方法を知っています。
新品仕上げを業者に依頼する場合、オーバーホールと新品仕上げで別々の技術者を採用しているところを利用するのがおすすめです。オーバーホールのような細やかな技術を有する作業と、新品同様に磨き上げるという作業は似ているようで大きな違いがありますので、どちらに関しても専門的なスキルと知識を持つ専任技術者が在籍しているところに依頼する方が良いでしょう。

ブライトリングのモデル別オーバーホール料金

ブライトリングとは

ブライトリングは、時計ファンにとって高性能の時計と人気があり、100%クロノメーター化を実現した優れた精度が人気を集める秘密と言われています。
パイロットクロノグラフのロングセラー「クロノマット」「ナビタイマー」を輩出しており、航空業界と深い関係を築いてきたブライトリングの人気モデルとオーバーホール料金を簡単にご紹介しますので、時計を購入しようと思っている人は是非参考にして下さい。

ブライトリング定番シリーズについて詳しく知りたい人はこちら

クロノマット

ブライトリングの代表モデルであるクロノマットはイタリア空軍のパイロットの協力により1984年に誕生したモデルです。

  • ・自動巻きクロノグラフであること
  • ・精度・耐久性・視認性のほか500m防水などの高性能
  • ・特徴的な逆回転防止ベゼル

等が挙げられます。

ナビタイマー

1952年に発表されたナビタイマーはパイロットや搭乗員にとって革新的な一本となった歴史ある時計です。

  • ・初代ナビタイマーは世界パイロット協会(AOPA)の公式時計に認定された
  • ・世界初の航空用計算尺付きクロノグラフ
  • ・コントラストが美しいデザインエレメントが特徴

アベンジャー

ブライトリングの数あるコレクションの中で最もタフな設計となっており、陸海空あらゆるフィールドで万能な存在感を発揮できる。

  • ・機能性に特化した武骨で力強いモデル
  • ・長時間身に着けていても疲れにくい
  • ・仕事の出来る大人の男性を思わせる男性的で重厚なデザイン

ギャラクティック

都会的でグラマーなルックスを持ち、エレガンスと卓越した技術力裏打ちされたモデル。

  • ・スポーティーで大胆に洗練されたデザイン
  • ・自動巻きムーブメントを始めとした耐久性、信頼性、精度において一切の妥協も許さない品質哲学
  • ・搭載ムーブメントは全てCOSC認定済みクロノメーターで統一

タイプ別オーバーホール料金一覧

タイプ・仕様 時計修理専門店 メーカー依頼
標準修理価格
クォーツ
クロノグラフ非搭載
¥16,000~ ¥75,000
クォーツ
クロノグラフ搭載
¥28,000~ ¥85,000
機械式
クロノグラフ非搭載
¥23,000~ ¥80,000
機械式
クロノグラフ搭載
¥34,000~ ¥100,000

ブライトリングのオーバーホールはメーカと時計修理専門のどちらに依頼する?

オーバーホールの依頼先|メーカー、時計修理専門店、量販店の違い

ブライトリングのオーバーホールに関して、その特徴や費用について、ご紹介してきました。
続いてはオーバーホールを受ける際に、それぞれの依頼先に於いてどのような点を比較して選べばよいかを、様々な観点から解説します。

依頼先に関しては3種類あり、それぞれのメリット・デメリットに関しても合わせて解説しますので、参考にしてください。

正規メーカー

正規メーカーにオーバーホールを依頼することの一番のメリットは、何といっても安心感です。「正規メーカーでの受付=純正部品での修理」という観点から見ても安心して任せられます。しかし、一方で費用が割高、時間が掛かるなどのデメリットもあります。加えて、ピックアップサービスの費用(送料)がオーバーホール料金とは別で発生します。

時計修理専門店

時計修理専門店のメリットは、上記の正規メーカーに比べて低価格でオーバーホールの依頼が可能な点です。デメリットとしては、全ての時計修理専門店が技術的に優れているわけとはいえません。その為、「技術力の高い店を見極める力」が重要です。

また、ネット店舗のみの時計修理業者の場合、店舗運営にかかるコストが発生しない分を価格に反映させているケースもあります。その一方で、対面できないため「信頼しにくい」「不安」といったマイナスの先入観を持つ人も少なくありません。その場合は実店舗運営と併用している業者を利用すると安心できるでしょう。

家電量販店

家電量販店の一番のメリットは、依頼の利便性と簡易性です。自分の身近に時計修理を受け付けてくれる正規メーカーや専門店が無い場合でも、わざわざ探すことなく普段の行動範囲内で依頼が可能です。 しかし、当然デメリットも存在しています。それは家電量販店=技術者のレベルが不明確といったイメージがあるため、依頼をする前に、技術力の有無を確認する必要があることです。

信頼できる時計修理専門業者の選び方

オーバーホールを依頼する時計修理業者を選ぶ時は、価格と技術力の両方の水準が高い業者を選ぶべきです。しかし、時計修理専門業者が全て高い技術力を持っているわけでありません。
修理業者が高い技術力を持っているかどうかの見極め方として、修理実績や修理技師育成の為の取り組みなどを確認することが挙げられます。

それぞれの依頼先への申し込み方法

ブライトリング正規店

・スタジオ・ブライトリング銀座、大阪にて直接受付
・ピックアップサービス(有料)

各正規店取扱店一覧

時計修理専門店

・店舗への持ち込み
・電話
・インターネット

家電量販店

店舗の修理窓口への持ち込み

MENU

ページの上部へ戻る