ブライトリング腕時計の歴史

ブライトリングの始まり

ブライトリングはスイスの高級時計メーカーです。その歴史は長く、創業1884年レオン・ブライトリングが創立した時計工房である「G. レオン・ブライトリング」から始まったのです。

ブライトリングは創業者であるレオン・ブライトリングが若くして亡くなり、その息子ガストン・ブライトリングが2代目の後を継ぎました。
その一年後、懐中時計用のクロノグラフというストップウォッチの機能を搭載した腕時計を製造。その12年後、ガストン・ブライトリングも若くして亡くなってしまいました。
その為5年間社長不在後、息子であるウィリー・ブライトリングが後を継ぎ3代目になります。

ブライトリングはクロノグラフを搭載した時計を主力としており、その結果航空業界との繋がりが深いのです。

腕時計の革命

ブライトリングとクロノグラフの歴史も長く、レオン・ブライトリングが惚れ込んだクロノグラフは創業当時から軍やスポーツ部門で注目されていました。

その機能をより向上させるため、様々な研究を行い完成した【ブライトリングのクロノグラフ】は、デザイン、革新的な機能性、メンテナンスが容易で、使用者、製造者の両者にメリットの多いものだったため、創業から5年後には特許をも獲得しました。後に5分の2秒単位を正確に測れるクロノグラフも開発し、ブライトリングは医療分野でも一目置かれる時計メーカーになったのです。

2代目であるガストン・ブライトリングからは、クロノグラフがさらに進化し、ストップウォッチ用の独立ボタンを備えたクロノグラフの腕時計が完成しました。

3代目であるウィリー・ブライトリングが後を継いだ2年後には現在も愛されるクロノグラフの原型であるツープッシャー・クロノグラフが誕生しました。
このころからクロノグラフの操作が豊かになり現在の形状の起源になったとされています。

ブライトリングと航空業界

ブライトリングは航空業界と深いつながりがあります。そのつながりを深めたものは、航空航法用の回転計算尺を搭載したクロノグラフである【ナビタイマー】の登場です。

電子機器などを備えていない、当時のコックピットには腕時計一つで飛行に必要な様々な数値の計算ができる【ナビタイマー】は操縦士にとって画期的でした。
【ナビタイマー】の文字盤内側に記されたたくさんの目盛りには、掛け算や割り算、航空計算である速度や燃費、上昇距離、下降距離など他にも様々な計算が可能なのです。
クロノグラフが発展することにより、空だけでなく、200メートルの防水性20気圧のダイバーズ・ウォッチ【スーパーオーシャン】が誕生し、海でも活躍する時計を完成させ、宇宙搭乗用の時計を完成させるなど、空・陸・海にも活躍する時計を開発したのです。

現在でも愛されるブライトリングの時計は、高級ブランド時計メーカーとして各国、様々な層に愛されています。

おすすめの修理専門業者はこちら

時計の始まり

時計の歴史は 16世紀のヨーロッパで始まりました。そこでは、時計は15世紀に初めて登場した携帯用のばね駆動式時計から発展しました。
16世紀から20世紀半ばにかけて開発された時計は機械式装置で、歯車を回してから手を動かし、ぜんまいを巻き回転するバランスホイールで時間を計っていました。
1960年代の水晶時計(クォーツ時計)の発明は、電気を流し、振動する水晶を使って時間を計ってきましたが、この産業にとって根本的な出発点となりました。
1980年代、クォーツ時計は機械式時計から市場を引き継ぎました。機械式時計はまだ市場のハイエンドとして販売されていますが、大多数の時計は現在クォーツムーブメントを持っています。

"watch"という言葉の由来の1つの説明は、それが町の警備員によって彼らの変化を追跡するために使われていたので、それが "watchman"を意味する古い英語の単語woecceから来たということです。

懐中時計の始まり

スタイルは17世紀に変わり、男性はペンダントとしてではなくポケットに腕時計を身に着け始めました(女性の腕時計は20世紀までペンダントのままでした)。
当時の時計は、外気にさらされることで汚れる傾向があることで有名であり、ポケットにしっかりと入れられている場合にのみ、確実に危害から守ることができました。そのため、ポケットに収まるように、それらの形状は典型的な懐中時計の形状である丸みを帯び、鋭い縁がない平らな形状に発展しました。

腕時計の始まり

腕時計の概念は、16世紀で最も初期の時計製造にさかのぼります。
イギリスのエリザベス1世は、1571年にロバート・ダドリーから腕時計と呼ばれる腕時計を受け取りました。当初、腕時計はほとんど女性によってのみ着用されており、男性は20世紀初頭まで懐中時計を使用していました。そのため、19世紀半ばまでほとんどの時計職人は、ブレスレットとして販売されていることが多い女性用の腕時計を製造していました。

腕時計は19世紀の終わり頃に軍人によって最初に着用されました。
戦闘の最中や馬に乗っている間に懐中時計を使用するのは実用的ではないことが明らかになったことで、将校たちは腕時計を彼らの手首に縛り付け始めました。
これらの初期モデルの本質は革紐に取り付けられた標準的な懐中時計でした。しかし20世紀初頭には、製造業者が専用の腕時計を生産し始めました。

第一次世界大戦での影響によって、男性の腕時計の妥当性に対する世間の認識を劇的に変化させ、戦後の時代に大衆市場を切り開いたのです。

クオーツ腕時計の始まり

日本時計産業において1969年のクォーツ時計の導入は、時計技術の革命的な進歩でした。

毎秒5拍で振動する発振バランスホイールの代わりに、8192 Hzで振動する水晶振動子を利用しました。これはバッテリ駆動する発振回路を利用している。
振動を数秒、数分、数時間にまとめるためのホイールトレインの代わりに、デジタルカウンタを使用しました。
また、より高いQ値クオーツの低い温度係数とともに、共振子を正確に動かすことで、最高の機械式時計よりも精度が向上しました。一方、可動部品をすべてなくすことで時計の耐衝撃性が高まり、定期的な清掃が不要になりました。LEDディスプレイを搭載した最初のデジタル電子時計は、1970年にPulsarによって開発されました。
1974年、オメガマリンクロノメーターが発表されました。これは、マリンクロノメーター認証を取得した最初の腕時計で、年間12秒程度の誤差という精度です。
使用される水晶振動子の周波数が高いほど精度は上がりますが、消費電力も増えます。
そのため、第一世代の時計は数キロヘルツの低い周波数にすることで、正確さを制限した代わりに消費電力を抑えました。
第2世代でのCMOSロジックとLCDの省電力使用はバッテリ寿命を延ばし、水晶周波数を32,768 Hzまで上げることを可能にし、結果として月に5〜10秒程度の誤差に収める精度をもたらしました。1980年代までに、クォーツ時計は機械式時計業界から時計市場の大部分を引き継いでいました。時計製造の大部分が極東への移動を見たこの激動は、業界では「水晶危機」と呼ばれています。

クオーツ時計

クォーツ時計の心臓部は集積回路で構成されています。時刻は、電池によって供給される電気エネルギーの影響下で振動する水晶振動子によって刻まれます。
エネルギー源は、数年の寿命を持つ小型電池です。
高周波数の振動(32 kHz)により、クォーツ時計は非常に正確です。その結果、年間での誤差変動も非常に少なくなっています。その誤差は、1年に1分程度の誤差、つまり1日に1秒未満しか狂わないのです。
クォーツ時計には2種類のディスプレイが付いています。最も一般的なものはアナログディスプレイ、すなわち機械的構造(文字盤や針など)を使ったものです。
デジタルディスプレイ付きの時計は液晶を利用して時刻を確認できるようになっています。液晶は時間を表示するために必要な信号を直接集積回路から受け取ります。
これら2つのタイプのディスプレイは、現在時刻および短い測定時間などの一連の指示を提供するために組み合わせることが可能です。

機械式時計

標準的な機械式時計は、3つのサブアセンブリ(エネルギー源のこと)、調整部品、およびディスプレイに組み立てられた約130ものパーツで構成されています。
構成部品の数は、複数の機能を持たせる為の構造を持つ時計(クロノグラフ、カレンダー、月の満ち欠け、フライバックハンドなど)の場合の方が、当然多くなります。
ゼンマイによって供給されたエネルギーは歯車の組み合わせにによって伝達されます。エスケープメント(脱進機とも呼ばれる)の動力源であるゼンマイの力を少しずつテンプ(一定周期の振動を生み出す調速装置)へ伝達し、時間を分割します。
手動または自動でローターを介して巻き取ると、スプリングが締まりゼンマイを巻くことが出来ます。

自動巻きクオーツ時計

スイスの時計製造業者は、これら2種類の技術を組み合わせるという課題を克服しました。
彼らはクォーツムーブメントとして動作するが、機械式ムーブメントのように充電する事が可能な腕時計ムーブメントを作り出しました。その結果、クォーツの正確さを持つ自動巻き腕時計が誕生したのです。
その動作原理は単純ですが革命的なものです。
自動再充電メカニズム(振動おもり)は機械エネルギーを電気エネルギーに変換することができるミ小型の発電機によって成り立っています。その原理は振動おもりがゼンマイを締め、そのゼンマイが緩められると小型の発電機が動き出すというものです。ここで発生した電気エネルギーはキャパシタと呼ばれるコンデンサに蓄積されます。
その後、システムは従来のクォーツ時計のように動作し、集積回路がエネルギーの分配を制御し、ステッピングモーターを駆動するのに必要な動力を提供します。

MENU

ページの上部へ戻る