ブライトリングのオーバーホール時期と修理について

自分の腕時計を長持ちさせたいと考えている方のために

定期的にオーバーホールをしよう

ブランドものの腕時計は、有名ブランドが提供しているだけあってさまざまな魅力がありますが、値段もそれなりに高く設定されがちです。そのため、ブランドものの腕時計を所持している場合には、長い間使用し続けたいと考える方が多くいます。製品のコンディションを長く保持し続けることは、購入時の負担を軽減することにもつながります。 ブライトリングを買ってから何年経っていますか??
4~5年くらいだという方は、オーバーホールをする時期です。
ブライトリングなどの機械式時計は油の変質が3~4年と言われており、乾いたり、汚れて変質が進むことで、動作不良や部品が傷ついてしまいます。
そもそも機械式腕時計の部品は細かいため、部品自体が繊細なので、放っておくと時計の寿命が縮まってしまうので、最低でも5年以内にはオーバーホールを行いましょう。

オーバーホールとは?

オーバーホールは、時計の分解や洗浄、注油などを行う作業になります。腕時計のような精密機械は、数多くのパーツによって構成されています。それらの部品は、長い期間の経過や度重なる使用によって、劣化や損傷を引き起こすリスクがあります。劣化や損傷のある製品をそのまま使い続けると、現在の時刻を正確に表示しなくなるといった、さまざまな不具合を引き起こす可能性が生じます。 時計は、不具合が発生してから修理や買い替えを検討することも可能です。使用に支障のない段階ではオーバーホールをしなくてよいと思うこともあるでしょう。しかしながら、手持ちの製品に不具合が発生する時期を正確に予測することは難しいものです。不測の事態が発生した時に、時計を使いたいと思っても使用することができないという問題が起こる可能性も考えられます。 また、外見的に明らかな問題が起こった場合、内部の劣化や損傷はさらに進んでいることが想定されます。そのような状況になると、修理にかかるコストや時間、エネルギーの負担は重くなります。そして、修理で対応することができないからといって買い替える場合には、さらに高額な費用を負担する必要性が生じます。よって、なるべく早い段階でオーバーホールを行うことが重要です。

定期的なオーバーホールを行うことで得られるメリット

腕時計を定期的にオーバーホールすることには、いくつものメリットが存在します。

オーバーホールのタイミングを自由に選べる

メンテナンスを行うタイミングを自分の都合に合わせて選ぶことが可能になります。例えば、複数のアイテムを用意しておいて交互にメンテナンスをすれば、時計の不具合によって使用が不可となる時期の発生を防止することができます。

内部の不具合もチェックできる

また、定期的なオーバーホールでは、外見的には気づかない問題も早期に発見し、対処することができます。そのため、深刻な不具合が発生してから対処するよりもメンテナンスの負担は軽くて済むようになります。

時計の負担を減らすことが出来る

さらに定期的にメンテナンスを行うことで時計にかかる負担が軽減され、時計の寿命が延長することも期待されます。 時計を所持している人は、まず使用や保管の環境や方法に気を配ってトラブルやアクシデントの発生するリスクを減らすことが大切です。そして、オーバーホールをする場合、その時期は決まっているという訳ではなく、一人ひとりの希望条件に合わせて決定することが可能なので、適正な時期を見極めることがポイントです。 時計を構成しているパーツの中には、素人でも分解することが可能なものも存在するので、オーバーホールの作業も自分ですれば良いと思う人もいます。しかし、素人の場合には、経験やスキルの不足から作業に余計な時間やエネルギーがかかったり、作業中にミスが発生したりするリスクが高くなります。例えば、分解は何とかできたとしても、元通りに組み直す方法が分からなくなるといった問題も起こり得ます。そのような問題を避けるため、オーバーホールは専門の業者に依頼することがコツです。

ブライトリングのオーバーホール

ブライトリングのオーバーホールが行える街の時計修理専門店と正規メーカー修理の違い

ブライトリングのオーバーホールは街の時計修理専門店では、対応してくれないケースがあります。
その理由として、外装部品の流通がないという事からメーカーに依頼をするよう促されるようですが、街の時計修理専門店でも対応してくれる修理店もあるので安心してください。
基本的にブライトリングは並行差別があるブランドで、並行輸入品を購入した場合、正規のメーカー修理に依頼した場合、高額になると言われています。
そのため、並行輸入品を修理やオーバーホールに出すのであれば、街の時計修理専門店に依頼するほうがお得にすることができます。
正規メーカー修理では、ブライトリングの時計の構造を熟知している修理技師がオーバーホールを行います。
ただ、ブライトリングには、正規店で時計を購入した人のみが入ることの出来る「クラブブライトリング」という会員制度があります。
これが、上記でも記載した「並行差別」と言われている要因です。
正規店で購入した場合に入れる「クラブブライトリング」は、会員価格でオーバーホールなどのメンテナンスを受けられますが、並行輸入品は通常料金を請求されるため高額になると言われています。
機械式のクロノグラフだと、【通常料金:約100,000円~(税抜き)】に対し【会員価格:約50,000円~(税抜き)】と倍近く価格が異なるのです。

メーカーより安くオーバーホールをしてもらおう!

オーバーホールを依頼する業者の選定方法

オーバーホールを業者に依頼する場合、利用する会社の選び方もチェックすべきポイントの一つです。
業者を選定する際には、対応しているブランドにも気を配る必要があります。それぞれの業者の取り扱いブランドは、各社のホームページなどに掲載されているので、自分の所持している製品への対応状況を確認した上で適切な会社を選ぶと良いでしょう。担当者に相談すれば、対象外のブランドでも作業を引き受けてくれる可能性もありますが、そのような場合には、技術者の経験やスキルに多くの期待をすることが難しくなります。
最近ではインターネットが普及しているため、ウェブサイトを通じて時計の不具合を解消する方法に関する情報発信やサービス提供を行っている業者も数多く目にされます。各社のサイトを閲覧する際には、業界内での実績もチェックしておくのがおすすめです。実績紹介のページにおいて、具体的な作業方法などの説明がしっかりとなされている業者を選ぶと安心です。
オーバーホールを依頼する業者を選定する際には、作業品質が高いだけではなく、保証などのアフターサービスも充実しているところを選びましょう。業者の中でも、保証期間をつけてくれるところを選択すれば、事後に不測の事態が発生しても慌てずに済みます。
また、オーバーホールを依頼した後、作業が完了して納品されるまでにかかる期間も確認が必要です。特に、時計を使用する機会が頻繁にある場合、少しでも早く完了してほしいところでしょう。アイテムが手元に戻る時期は早いに越したことがありませんが、短納期であるからといって良い業者とは限らないので注意する必要があります。時計が早く手元に戻ってきたのは良いものの、内部の問題が解決されていないことによって事後にトラブルやアクシデントが発生するリスクが考えられます。そうしたリスクを軽減するには、作業の内容から最低限必要となる期間を算出し、あまりにも納期が短すぎる業者は、短納期で実現する理由を確認しましょう。加えて、見積書などを確認する際には、納期だけではなく作業内容などもしっかりとチェックしておくことが大事です。
業者の選定にあたって気になりやすいポイントの一つに、費用の問題があります。作業料金は安いに越したことはありませんが、だからといって安さだけで業者を選ぶのは避けた方が賢明です。安いからといって作業品質や顧客対応の悪い会社を選ぶと、予想外のトラブルやアクシデントに見舞われるリスクが高くなるので、注意をする必要があります。

では、ブライトリングのオーバーホールを正規店以外に依頼しても平気なのでしょうか。
上記でも紹介した、街の時計修理店では対応してくれない可能性があったり、職人の技量にばらつきがある為、結論は「場所によって異なる」という事です。
そのため、【熟練の時計修理技能士がいるか】【純正の部品を扱っているか・部品の詳細を提示してくれるか】【メーカーと比べ料金が安いか】の3つのポイントが揃っている時計修理専門店を探しましょう。
これからブライトリングの内部パーツに関する問題を解決するべく、オーバーホールを業者に依頼する場合、手続きの方法もチェックポイントになります。中古の腕時計はコンディションにばらつきがあるため、オーバーホールの作業内容や料金、納期などもそれぞれのアイテムの状態によって変わってきます。それらの条件を確認したいと考えるのであれば、手持ちの時計を業者に提示して見積もりをしてもらっても良いでしょう。

まず、【熟練の時計修理技能士がいるか】です。

時計修理技能士とは、国が定めた国家資格の一つで、上級を取得するまでに長い時間と技術力が必要な資格です。
時計修理専門店は、この資格を持たない技術者がオーバーホールを行う場合があるため、熟練の時計修理技能士の手によってオーバーホールを行ってもらえるのかが非常に重要となります。
無資格者や未熟な時計修理技能士では、小さな部品を扱うので、ネジ山をつぶしてしまったり、細部まで船上がされていないパーツを組まれたり、秒針など細かい部品にまでキズを付けられたりする可能性があり、ひどい場合時計の寿命を縮めて、壊してしまう可能性があるのです。
そのため、オーバーホールを行う技術者が本当に安心できる技術者なのかを確認しましょう。

次に、【純正の部品を扱っているか・部品の詳細を提示してくれるか】

ブライトリングの純正の部品は高く、ダメな時計修理専門店では純正でないパーツを使用したり、必要のない部品を交換したりするケースがあります。
そのため、どんな部品を何故交換したか等の部品の詳細を提示してくれる時計修理専門店を探しましょう。

最後に、【メーカーと比べ料金が安いか】

ブライトリングの通常料金と比べて時計修理専門店は、基本的に安いのが当たり前になっています。
大体通常料金と比べ、40%~65%くらい安い時計修理専門店が多いので、しっかり正規修理店との比較を行いましょう。
見積もりを依頼する場合には、屋外の店舗を訪れるほかに、配送サービスを利用するという方法もあります。
こちらは、アイテムを業者に送付して手続きを行うという方法になります。この方法では、実店舗を訪れる必要がないので、現地までの往復にかかる時間やエネルギーを負担しなくて済みます。
そのため、何かと忙しい日々を送っていて外出するためにまとまった時間を確保することが難しいという場合にも、自宅にいながらにして、手の空いた時間を有効活用して手続きを行うことが可能になります。また、実店舗までの往復にかかる交通費や燃料代もかかりませんが、荷物を梱包するための資材も調達する必要があり、品物の配送料金が発生します。こちらの問題を解決するには、無料の配送パックを提供し、送料を負担してくれる業者も存在するので利用してみることをおすすめします。
なお、アイテムを業者に提示すれば、正確な見積もりをしてもらうことが可能ですが、実店舗を訪れたり配送サービスを利用したりするには、それなりの負担がかかります。こちらの負担が気にかかる場合は、電話やメールで必要な情報を担当者に伝え、費用の概算金額などを提示してもらうことも可能です。

ブライトリングのオーバーホールを業者に依頼する各工程で注意すべきこと

ブライトリングのオーバーホールを業者に依頼して内部パーツの分解や洗浄、注油などを行ってもらう場合、事前に見積もりを取ることで、後になってから金銭的なトラブルが発生するリスクを軽減することができます。
見積もりの依頼は来店や配送などによって行うことが可能ですが、来店の場合と配送の場合では、料金の支払い方法にも違いがあります。来店の場合は現金による支払い、配送の場合は銀行振り込みや代金引換などの選択肢があるので、事前に確認しておきましょう。来店の場合と比較して、配送の場合は店舗のスタッフに直接支払いをしないので、入金確認のための時間が発生するという点に注意する必要があります。
次に、配送サービスを利用する場合、注文者がアイテムを自宅から持ち出して店舗まで運ぶ必要はありません。アイテムは専門の業者によって配送されるため、注文者が自分で運搬する場合と比較して落下や衝突などのアクシデントが発生するリスクが低くなります。
また、不測の事態として何らかの事故が発生した場合にも、業者側の責任による問題であれば契約内容にのっとって損害金額の補償を受けることが可能です。そして、配送中の事故が起こるリスクをさらに軽減したいと考える場合には、オーバーホール業者から提供される梱包キットを活用するのもおすすめの方法と言えます。こちらの梱包キットは、腕時計の梱包をすることに特化した仕様となっています。そのため、注文者が自分で調達した梱包資材よりも、配送中の安全性が高くなります。

おすすめの修理専門業者はこちら

さいごに

時計修理専門店は、正規店のように職人を雇っている場合もありますが、主に、上級時計技師と直接取引を行っているため安くなっているところが多く、直接取引の場合、依頼がないときに余分な人件費をカットすることができるのです。
そのため、少しでも安い価格設定で通用するのでしょう。
時計を賢くお得に維持していくために、いい時計修理専門店を見つけ出しましょう!
そして、長くブライトリングの時計を愛用してい頂ければ幸いです。

MENU

ページの上部へ戻る