ブライトリング腕時計のモデルについて

ナビタイマー

腕時計にもいろいろなバリエーションがありますが、中でもブライトリングのナビタイマーは1952年に誕生し、当時は世界初の航空用計算尺付きクロノグラフとして反響を呼びました。こちらはパイロットウォッチとして知られ、現在ではモデルのラインナップも豊富です。ナビタイマーは回転ベゼルによる航空計算尺の機能が備えられたクロノグラフが始まりで、初代のモデルは世界パイロット協会の公式時計として認定されました。初代のモデルは手巻きで、のちに自動巻モデルも発売されました。ナビタイマーはパイロット向け腕時計をモチーフにしており、ナビタイマーは世界限定モデルが多く、日本限定では【オールドナビタイマージャパンエディション】が発売した過去があります。現在でも様々な人々に愛される時計になっています。

ブライトリングのモデルの中でも斬新なデザインのNAVITIMER1

ブライトリングはスイスで航空パイロット向けに開発された時計であり、その正確さから腕に付ける計器とまで言われています。ブライトリングはどれも正確無比の精度を誇りますが、精度だけでなくそのデザインもとても斬新で目を引くものばかりです。 特にNAVITIMER1シリーズはとても斬新なデザインで、1952年に世界初の航空計算尺付きのクロノグラフとして有名になりました。当時パイロットはこの計器を腕に付けて燃費や速度などを見ながら飛行機を操縦し続けていました。NAVITIMER1シリーズはこの設計が元で作られています。レーダーや管制塔がない時代にこの計器だけを頼りに飛行機を操縦していたので、いかにNAVITIMER1シリーズが精巧かつ精密に作られていたかが分かるでしょう。 中でもこのモデルは永遠の名作と言われ、当時のデザインをそのままにパフォーマンスのみをアップグレードしてきたため、昔の面影を残しつつ現代の最先端の精密さを体感できるモデルとなっています。デザインはやはり計器類を思わせるもので、大枠の円の中に3つのインダイヤルが配置されています。それぞれ60秒を数える秒針、クロノグラフ用12時間計、クロノグラフ用30分計となり、正確に時間を感じ取ることができるモデルです。 またNAVITIMER1シリーズの中にはインダイヤルがついてないものもありますが、落ち着いたシックなデザインが冴え渡り、どこか懐かしい感じが漂います。しかし機能は他のインダイヤル搭載型に引けをとらず、多彩な機能を堪能することができます。NAVITIMER1はブライトリングの元祖となったもので、非常に根強い人気があります。

レディスモデルとして見た目が可愛らしいGALACTICシリーズ

ブライトリングは計器類がびっしりのゴツゴツした見た目で、いかにもメカニック的な男性向けのものがほとんどですが、GALACTICシリーズはレディス向けに特化したシリーズで、インダイヤルを取り払い宝石を散りばめた、エレガンスでラグジュアリーな雰囲気が特徴のモデルです。腕に装備する計器類というブライトリング鉄板のイメージを払拭し、シックながらも都会的でグラマーであり、どこか可愛いらしさも併せ持っているタイプとなっています。 特にブライトリングではとても珍しい桜色をあしらったピンクの盤面のものが目を引きます。文字盤の部分にはダイヤを埋め込んだダイヤインデックスを採用しているので、ゴージャス感があり、盤面がピンクのため非常に美しいコントラストを醸し出しています。 機能に関しても秀逸で、通常ムーブメントの10倍の精度を誇るスーパークォーツキャリバーを搭載しています。このクロノメーターはスイスにある検定協会が公認しているもので非常に精度が高く、デザインだけではないということが証明されています。 またGALACTICシリーズの中にはインダイヤルを一個だけあしらったものがあります。こちらも女性向けですが、ピンク色の盤面のものに比べると色はオーソドックスなメタリックのシルバーなので、多少クール感が漂います。ボーイッシュなデザインが好きな女性の方におすすめのデザインです。バンドは革仕様で、メタリックな中にも温かみのあるデザインとなっています。またムーブメントは機械式の自動巻きであるため、時計にこだわりのある方にも向いているモデルと言えます。美しさの中にも機能性をしっかり取り入れたモデルがGALACTICシリーズです。

海を連想させるブライトリングモデルSUPEROCEAN

ブライトリングのモデルで特に海や夏といったものを意識したSUPEROCEANシリーズがあります。こちらは海に潜る特殊部隊ダイバーのために開発されたモデルで、深海200メートルから2000メートル級の深さにも耐えうる防水機能を備えています。特殊部隊のダイバーが海底から敵地に上陸することを想定して作られた流れが伺え、その丈夫さは折り紙付きです。過酷な環境下でも正確無比な時刻を刻み続けることができるブライトリングモデルの中でも、トップクラスの頑丈さと正確さの両方を両立しているモデルです。そのため海が好きな方やサーフィンをする方にこのシリーズはもってこいでしょう。 ハイテク素材のセラミックベゼルを使用したものもあり、あらゆる環境下でも強靭な強度を約束するための技術が豊富に盛り込まれています。また潜水時に時計内部に溜まったヘリウムガスを自動的に抜くオートエスケープバルブも搭載されています。 デザインは海や夏を想像させるモデルなだけあって、青色がベースとなっているものがいくつかあります。インダイヤルを排除し海中でも高い視認性を確保することに特化していて、文字盤の文字も大きくシンプルなフォントを採用しています。オーソドックスなメタリックシルバーを始め、メタリックシルバーの中にもブラックのコントラストを施したもの、深海をイメージさせる深めの青色が特徴のものもあります。バンドはラバー製のものが主流です。海中でも違和感がないような装着感にするための配慮が行われています。 女性向けのものもいくつかあり、デザインがとてもシンプルでスタイリッシュなため、海で装着していれば際立ちます。機械式の自動巻きで検定協会が公認したクロノメーターキャリバーを搭載しており、非常にスポーティーでスタイリッシュな外観なので、海を始めアウトドアにはぴったりなシリーズです。

クロノマット

クロノマットはもともと1942年に航空用のクロノグラフとして生まれたもので、最も歴史のあるモデルになっています。
ブライトリングのもっとも代表的なモデルともいえるクロノマットはスポーティーな魅力があり、空・海・陸どこへでも活躍できる腕時計になっています。
現在では、さらにスポーティーさが増し、500m防水を誇るものも登場しており、ブライトリング愛用者から広く支持されています。
機能が豊富なので、見た目、機能性で高級ブランド時計メーカーならではのモデルです。

ブライトリングと航空業界

アベンジャーはプロが使用できる契機として作られたモデルです。
プロが使うことをテーマにしている為、機能性に優れており、クロノグラフ機能にデイ時のう、300m防水、パワーリザーブ42時間等どこにでも付けていけるようなハイスペックな使用になっているのが特徴です。
クロノグラフ特有のメカニカルな雰囲気が男らしさを演出してくれるので、ビジネスにもぴったりで、アウトドアにも最適なモデルで、とても人気があります。

おすすめの修理専門業者はこちら

ブライトリングのナビタイマーなど、ブランド物の腕時計をお持ちの方へ

ブライトリングのナビタイマーなど、有名ブランドの提供する腕時計は性能や耐久性の面でも安心感がありますが、それでも不具合が生じる可能性はあります。ブランド物の腕時計は、クオリティーが高いだけに値段も高額なので、故障したからと言ってそうそう買い替える訳にはいきません。また、何らかの明らかな不具合が発生したからには、それだけ部品の劣化や損傷が進んでいることになります。そのような状況となってから修理をすると、症状が深刻であるだけにコストや時間、エネルギーの負担も重くなることを覚悟しておかなければなりません。 これらの問題を解決するには、定期的にオーバーホールを行うという方法があります。オーバーホールは、時計をパーツごとに分解し、各部品の洗浄や注油、必要に応じて修理や部品交換を行った上で組み立てる作業です。時計が正常に動いている状態であっても、内部ではパーツの劣化や損傷が進んでいる可能性があります。定期的にオーバーホールをすることで、外見的には判断がつかない問題を早期に発見して対策を講じることが可能となります。そのため、故障してから修理する場合と比較して時計にかかる負担が軽くなり、時計の寿命が延びるという効果も期待されます。 動作が正常な状態でオーバーホールをする場合、故障してから修理をするのと違って、メンテナンスや修理の時期を自分の都合に合わせて選ぶことができます。例えば、時計を使用する機会がない時期を選んで業者にオーバーホールを依頼すれば、時計が手元にない時期が発生しても日常生活に支障を来たすことはありません。

時計のオーバーホールについてへ

ブライトリングのナビタイマーなど、ブランド物の腕時計をオーバーホールする場合、素人が作業を行うことは避けた方が賢明です。腕時計のような精密機器には、数多くのパーツが使用されています。それらを分解してメンテナンスや修理を行い、組み直すには専門的な知識や技術が求められます。素人がオーバーホールを試みると、作業に余計な時間やエネルギーを要したり、作業中にミスが発生したりするリスクが高くなります。そのため、腕時計のオーバーホールは専門の業者に依頼することが一般的な方法となっています。 これから腕時計のオーバーホールを依頼する場合、業者の選び方もチェックポイントの一つです。利用する業者としては、メーカーを選択することも可能になります。メーカーに依頼する場合、製造元の業者に依頼することとなるので安心感がありますが、作業料金は割高に設定されています。 このような問題を解決するためには、メーカー以外の業者を利用するのも選択肢の一つです。メーカーと比較して、他の業者はサービス品質などにばらつきがありますが、会社の選定をしっかりと行えば、コストの負担を低く抑えることが可能となります。

利用する業者の選定方法など

ブライトリングのナビタイマーなどのオーバーホールを手掛ける業者の中でも、業界内での実績が豊富なところは、安心して利用することができます。また、オーバーホールでは時計を分解して内部の状態を確認した結果、部品交換が必要となる可能性もあります。そうした場合には、どのような部品を使用するかもチェックポイントになります。交換する部品としては、メーカー純正品を使用するに越したことはありません。部品の中にはメーカー純正品と互換性のある汎用品も存在しますが、本体や他の部品との相性が最も良いのは純正品になります。そのため、交換部品に純正品を使用している業者は、利用価値が高いと言えます。 さらに業者を利用してオーバーホールを行う場合、併せて新品仕上げを依頼するのもおすすめの方法です。新品仕上げは、時計の外装パーツに磨きをかけることでキズを取り除き、新品当時に近い輝きを取り戻す作業です。オーバーホールと一緒に新品仕上げを依頼すれば、内側からも外側からもフレッシュな状態によみがえった時計を手にすることができます。 オーバーホールと新品仕上げでは作業内容が異なるため、必要とされる知識や技術にも違いがあります。そのような事情を踏まえると、オーバーホールと新品仕上げの作業は、それぞれ専任の技術者が担当するのが理想的ということになります。業者の中でもそれぞれの専任技術者が在籍しているところは、専門性の高いサービスを期待することができます。 その他に、業者によってはオーバーホールを依頼すると、新品仕上げの作業料金が割り引きになるという特典も設けられていることがあります。

MENU

ページの上部へ戻る