ブライトリングを正規代理店で買うメリット

正規店と並行店について

ブライトリングの時計を購入する際、正規店と並行店で迷われる方が多くいます。では、正規店と並行店の違いは何でしょう。
まず【正規店】はブライトリングのメーカーから正式なルートで輸入された正規輸入品を販売する店舗の事を言います。百貨店などに入っている高級感漂うブライトリングの店舗は、殆どが正規店です。正規店は国内同一で定価設定をしているため、家電量販店やネットなどで売られているように自由に値引きすることができません。常に定価で売られています。
そして【並行店】はメーカーとは全くかかわりのない、量販店や直営ショップなどのルートで買い付けた時計を個人や会社が販売している店舗の事を言います。

並行輸入品は正規代理店ではない第三者が、海外バイヤーや卸会社等を通して仕入れているため、日本の低下に縛られず、大幅な割引をして店頭に並べられることが特徴です。また、日本では販売されていない海外限定のモデルも手に入る可能性があります。ただ、並行店の商品の一部は、本物であるにもかかわらず、仕入れ方やサービスが大きく違うため、時計の品質や価値が店ごとによって違うのです。
店舗によっては多少のキズなら目をつぶる店舗もあるので、注意が必要です。

おすすめの修理専門業者はこちら

正規店と並行店のメリット・デメリット

では、正規店と並行店のメリットデメリットとは何でしょう。

【正規店メリット・デメリット】
日本全国各地にある正規店は、店舗問わず品質、価格、サービスに差がありません。どこの店舗で買っても同じ条件で買うことができるので安心できます。さらに、ブライトリングのアフターサービスは、会員制度があり、時計の寿命を延ばすために必要なオーバーホールの割引など、嬉しい特典が沢山あります。そのため万が一の時でも安心して依頼をできます。正規店ならではの商品知識豊富なスタッフがそろっているので、何か知りたいことや困ったことなど、なんでも相談できるところもメリットですね。
デメリットといえば、やはり価格でしょう。値引きをすることがほとんど不可能な為、購入費用を少しでも安くしたい人には厳しいでしょう。

【並行店のメリット・デメリット】
並行店のメリットは価格が安い事でしょう。並行店で売られている時計も輸入ルートが別なだけで本物であることには変わりありません。購入者にとっては20~30%も安い場合がある為大きなメリットでしょう。
デメリットは、ショップを見極めなければ損をしてしまう可能性があるというところ。仕入れルートがバラバラな為、品質にもばらつきがあるのです。検品体制が甘い店舗では、キズを放置して陳列してるところも少なくありません。

ブライトリングメンバーについて

ブライトリングには会員制度があります。【CLUB BREITLING】は様々な特典があり、一番うれしい特典はというと「オーバーホール割引」です。

大体の並行店でのオーバーホールやメンテナンスは、5万~15万以上かかる場合がありますが、ブライトリングの会員になれば正規店のメンテナンスはモデルによりますが、最安値で¥6000~で受けられます。オーバーホールもモデルによりますが、最安値で¥25000~受けられるので、正規のオーバーホール&メンテナンスがこの価格でできるのはとってもお得です。オーバーホールは時計の寿命を延ばすのに必要なことなので、ブライトリングの会員制度はブライトリングのファンにとってはとても嬉しいサービスでしょう。

その他の特典では、メンバー限定のイベントに参加できます。ブライトリングの最新コレクションをいち早く試着できるイベントや、エアショーや体験搭乗など、航空界にまつわるイベント、正規店内でのセミナーなど、様々なイベントに参加することができるのです。
また、東京、大阪にあるSTUDIO BREITLING内の会員専用のラウンジも利用可能で、飲み物を飲みながら資料などをゆっくりと他の粗衣むことができたり、メンテナンスについてのアドバイスももらうことができるのです。
ブライトリングを購入するなら正規店がおすすめです。

MENU

ページの上部へ戻る