オーバーホールしてブライトリングをいつまでもかっこよく!ランキングでご紹介

ホーム > ブライトリングのオーバーホール情報 > ブライトリングのオーバーホールの時期は

ブライトリングのオーバーホールの時期は

ブライトリングのオーバーホールは正規代理店以外でも頼めますので、そろそろオーバーホールの時期が近付いている場合は、依頼先を探しておくと良いでしょう。その際は、このサイトが便利に使えます。このランキングサイトは、ブライトリングのオーバーホールの対応店をランキングしているため、優良店をメインにチェックできます。店頭で申し込めるほか、宅配で依頼できるお店がランクインしていますから、遠方からでもオーバーホールを頼めます。また、オーバーホールの安い店舗が数多く掲載されておりますので、正規代理店の見積もり価格でオーバーホールを断念した場合も、再検討できます。予算を節約するならリーズナブルなお店に依頼するのが欠かせないため、このランキングサイトで最安値の店舗を探しましょう。

毎日大切に使っている場合でも、ブライトリングのムーブメントでは潤滑オイルが経年劣化を起こしますから、定期的なオーバーホールが必要になります。時期は、概ね3年から5年間隔ともされており、使用環境によって異なるのが一般的です。また、並行輸入などで購入した場合、製造から既に年数が経過しておりますと、手元に届いてからの期間は短くても、オーバーホールの時期を迎えるケースもあります。もしも時刻が遅れたり、止まるといった症状がありましたら、オイルの劣化が進んでいるサインと呼べるでしょう。また、自動巻き上げなどで連日動作し続けている場合は、油切れも早まる傾向があります。オイルの劣化や揮発によって内部のギアが削れたりしますので、各パーツを傷めないためにも、早めのオーバーホールが理想的です。

オーバーホールでは部品を全て外し、一品ずつ劣化したオイルや汚れをクリーニングしてから、組み上げて注油しますので、新品を組み上げるよりも手間が掛かります。そのため費用も高額になりますので、正規代理店以外の店舗に頼んで安く済ませることも、人気になっています。一方、防水能力は個々の製品によって違いますので、その範囲を超えて水に接した場合は、オーバーホールが必要になることがあります。内部に水が入りますと、ギアなどがサビてしまい、パーツの交換修理が必要になることも少なくありません。3気圧防水のブライトリングなら雨水が掛かる程度には耐えられますが、水道から出ている水へ直接当てた場合は10気圧程度の圧力が掛かるため、3気圧防水では耐えられないともされています。ですから手を洗う際、蛇口の水を直接掛けてしまった場合は留意が必要です。その後、ガラスの内側に水滴が付いて曇り始めましたら、内部に水が浸入した疑いもありますので、潤滑オイルの劣化時期に関わらず、ブライトリングのオーバーホール対応店に相談した方が良いと言えます。

MENU

ページの上部へ戻る